オフィスのミカタとは

長時間労働の実態と、削減に向けた対策とは

2019.05.16

 2019年4月から働き方改革関連法案が施行され、労働時間や残業時間に対して実質的な限度が設けられるようになった。働き方改革法案は、そういう名前の法律があるわけではなく、労働基準法や男女雇用機会均等法など労働に関わる一連の法改正のことを指す。

 また、働き方改革関連法案を施行しなければならないほど日本の労働時間は世界的にも長いとされており、長時間労働における過労死もニュースになるほどだ。では、長時間労働の実態はどうなっているのか。ここでは、長時間労働の原因や実態にふれたうえで対策などについて具体的に見ていく。

長時間労働の原因と引き起こされるもの

出展:OECD「世界主要国の労働時間 国際比較統計・ランキング」
出展:OECD「世界主要国の労働時間 国際比較統計・ランキング」

 日本の平均労働時間を見てみると2017年の段階では、年間で1720時間ほどであり、決して長すぎる労働時間ではない。韓国やロシア、メキシコ、アメリカなどの国々よりも労働時間のみで見れば、低いということになる。
※日本はグラフ中央部の黄色線。年間労働時間は1710時間。

 しかし、長時間労働の定義である週間で45時間以上働いている労働人口の割合を見てみると...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。