オフィスのミカタとは

早期内定者に対して、企業が出来る適切な対策まとめ

2019.06.04

 学生が就職活動を行う時期には、企業側としても早期内定を出すケースは多い。説明会や面接の実施時期など、目安となる”就活ルール”も存在しているものの、実質的には形骸化していることが多い。企業側からすれば、優秀な人材に早めに内定を出すことによって、他の企業への入社へのけん制となる。そして、そのけん制が内定者への囲い込みへとつながり、相対的に内定辞退につながる場合も多いのが現状だ。

 また、内定者も志望の優先度は異なるものの、内定を得ている安心感は非常に大きい。そのうえで、企業側が早期内定を行った際に、どういった対策を行えばいいのか具体的に見ていく。

早期内定の実状

 就活ルールの形骸化に際して、3月から会社説明会、6月から面接の実施という流れはほぼ崩れている。そのため、早期内定者は3年生の段階でインターンシップを行い、内定を得るといったケースが増加している。

 では、企業として早期に内定を出す場合、何を評価しているのか具体的に見ていこう。

・...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。