オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

業務量は増加、勤務時間は減少。管理部門を取り巻く問題の解決法とは?

2019.08.30
写真:株式会社 FCEプロセス&テクノロジー 代表取締役社長 永田 純一郎 氏
写真:株式会社 FCEプロセス&テクノロジー 代表取締役社長 永田 純一郎 氏

 「働き方改革」と称して勤務時間を減らす動きがある中、生産性を上げる方法を見い出せず、身動きが取れない状態になっていないだろうか?

 そんな管理部門の担当者に救いの手を差し伸べてくれるのが、RPA製品だ。誰でも簡単に現場で作れるRPA「ロボパット」を提供する、株式会社 FCEプロセス&テクノロジーの代表取締役社長、永田 純一郎氏に話を伺った。

業務量は増加、勤務時間は減。管理部門を取り巻く現状

 「時短勤務」「残業削減」など、働き方改革が叫ばれる昨今。今までより短い時間で、業務を処理することが求められている。しかし、今までと業務量は変わらず、稼働時間だけを減らすのは現実的に難しい。特に管理部門は、人手不足で一人当たりの業務負担が大きくなっており、解決策を見い出せていないのが現状だ。

 RPA製品を提供するだけでなく、自ら管理部門のマネジメントを務める永田氏は...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。