オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

短期雇用の問題をテクノロジーで解決! 個人と企業をつなぐ「シェアフル」

2019.08.30
オフィスのミカタ編集部【PR】
写真:シェアフル株式会社 代表取締役社長 大友 潤 氏
写真:シェアフル株式会社 代表取締役社長 大友 潤 氏

 働き方改革が叫ばれ、残業抑制の動きがある一方で、1人当たりの業務作業負担は減らないのが現状だ。そんなジレンマを解決する、短期間・短時間の仕事に特化したオンデマンドマッチングプラットフォーム「シェアフル」というサービスがあるのをご存じだろうか。

 企業の労働力不足と個人のスキマ時間をつなぐサービスについて、シェアフル株式会社の代表取締役社長 大友 潤氏に話を伺った。

企業と個人、増えている短期雇用のニーズ

 企業の「短期間でも人手が欲しい」というニーズと、個人の「スキマ時間で柔軟に働きたい」というニーズは合致しているのにも関わらず、マッチングが促進されていない現状がある。

 テンプスタッフやdodaなどの多様な人材サービスを展開するパーソルグループに20年以上身を置いている大友氏は、企業を取り巻く現状について、こう説明する。
「有効求人倍率が上昇する中、企業では慢性的な人手不足が発生しています。さらに、今年の4月から施行された働き方改革関連法では、働き方改革という名のもと、残業時間の上限が制定されたり、有給休暇の取得が義務化されたりと労働時間がより厳しく規制されるようになりました。一方で、業務そのものには手を付けられていない会社も多く、一人一人の業務負担は変わらず大きいままです」

 続いて、個人を取り巻く状況について、大友氏はこう説明した。
「現在、広義のフリーランスは1,119万人とこの4年で23%増加していることや、当社内の調査ではありますが就業中の派遣スタッフの約75%が短期就業による副業を希望していたりと、短期間・短時間で柔軟に働きたいと考える個人が増えています。本業が休みの日に働きたいなど、スキマ時間で少しでも稼ごうとする動きがあるのです」

 短期間の労働力を求める企業と、短期間で働きたいと考える個人。どちらも増えているのに、短期雇用が促進されない理由は、どこにあるのだろうか。
「短期雇用が難しい理由には、労働者派遣法という法律が大きく関わっています。2012年に派遣法が改正され、30日以内の日雇い派遣は原則禁止になり、そのような働き方に制限ができてしまいました。また、雇用ではなく業務委託でという考え方もありますが、短期での請負業務は指揮命令がどうしても入りやすくなってしまうため、『偽装請負』という状態に近づくリスクがあり、企業は選択しづらい状態です。それらの結果、短期で人材を活用するということが難しくなっているのです」

『シェアフル』で「短期雇用」を身近に!

「パーソルグループの人材派遣サービス『テンプスタッフ』を提供する中でも、企業からも個人からも短期雇用のニーズがあるのに、そのご要望に十分お応えしきれていないと感じていました。ただ、それに応えるにはこれまでの人事プロセスを見直してより使いやすいサービスが必要になる。そう考えていた時に、ご縁があったのがランサーズ株式会社だったのです」
 短期雇用を求める企業と個人をつなぐオンデマンドマッチングプラットフォーム「シェアフル」は、パーソルホールディングス株式会社とランサーズ株式会社の業務提携によって生まれた。

 シェアフルは、企業の1日単位での直接雇用という形態でサービスを提供している。1日ごとのアルバイトというイメージで企業と個人が直接雇用契約を結ぶことで短期での人材を採用でき、直接雇用になるため派遣法の影響も受けることはない。
 個人が仕事を探す場合、専用アプリから希望の時間を登録すると、その日時の仕事が表示される。

 企業が人材を募集する場合、マイページから求人情報を最短5分で登録・掲載することが可能だ。総務部門の月末月初のオペレーション支援などのオフィスワークをはじめ、店舗での販売や接客業務、イベントスタッフやチラシ配り、軽作業部門の仕分けや梱包・商品管理作業といった幅広い募集が掲載されている。
「ランサーズは『テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる』というビジョンのもと、フリーランス総合支援プラットフォームを提供しています。一方、パーソルホールディングスは、登録求職者850万人・取引企業2万8000社のマッチングデータベースを持っています。そんな2社がタッグを組むことで、これまで煩雑だった短期雇用による人材活用をより企業に身近な存在にしていきたいです」

募集から給与支払いまで!負担を減らす代行サービス

 シェアフルの特徴は、短期雇用における人材採用プロセスを、極限まで短縮していること。従来、企業は「募集・面接・書類の確認・採用通知」、応募者は「履歴書の送付・面接」といったプロセスをこなす必要があった。

 しかし、シェアフルでは、こういった煩雑なプロセスをテクノロジーの力で排除している。書類の入力や面接といった煩わしい工程を飛ばし、数ステップでの雇用が実現したのだ。
「人材を募集する場合、最低限の情報を教えてもらえれば、私たちが代行して掲載することも可能です。応募があったら、スキルや職務経歴といった応募者の詳細なプロフィール情報をマイページ上で確認することによって都度面接を行う必要もなくなりました。そのままボタンを押せば合否も出せますし、採用通知書もネット上でダウンロードしてもらえます。応募から採用まで、全てオンライン上で完結するのです」

 ただし、直接契約して短期雇用で働くといっても、企業は就業者へ給与を支払うための社内人事システムへの登録や給与計算を実施、個人も企業に提出する書類を準備しなくてはならない。
 たった数日働きたいだけなのに、長期雇用と変わらない煩雑な工程を乗り越える必要があるのは、個人にとっても企業にとってもハードルが高いといえる。

 そこでシェアフルは、応募から採用だけでなく、採用後の管理までサポートする新プランの提供を8月から開始する。上の図のとおり、勤怠管理・給与計算代行・源泉徴収票作成代行といった採用後に発生する業務を一括してシェアフルが提供するのだ。また、オプションで給与の振込代行サービスも提供する。
「シェアフルはサービス提供開始から僅か半年で、約1,000社の企業様にご登録いただいています。新プランでは、人事のご担当者様の負担を圧倒的に減らせます。今後も短期雇用を求める企業と個人の間に立ち、双方のニーズを満たすお手伝いをしていくことで企業の競争力を高める手法として広めていきたいですね」

「シェアフル」3つのポイント

1.1日単位の雇用の求人を「すぐに、自分で、簡単に」作成することが可能
2.応募者の詳細なプロフィール情報を閲覧でき、面接不要で採用が完結
3.就業後の煩雑な後処理もお任せ。人事担当者の手間を削減

■ お問い合わせ先情報

シェアフル株式会社
電話番号   :03-6478-1760
メールアドレス:pr@sharefull.com
対応時間   :平日 9:00~18:00(土日祝日を除く)
ホームページ :https://sharefull.com/client/

「シェアフル株式会社」の企業情報はこちら