オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

人事担当者必見!面接において、人材を見極める質問7選

2019.10.10

 面接は、会社のこれからを作っていく人材を採用する大事な場である。応募者を見極めてミスマッチを防ぐだけでなく、応募者に好印象を与えることも重要だ。面接官は会社の「顔」として応募者に接し、応募者の本来の姿を引き出せるような質問や雰囲気作りを心掛けなくてはいけない。

 本記事では、入社後のミスマッチを防ぎ、自社が求めている人材を見極めるための質問を紹介する。

まずは「アイスブレイク」で、緊張した硬い雰囲気を解きほぐす

 面接の冒頭で、あえて本筋とは関係のない軽い質問をすることで、求職者をリラックスさせることができる。あくまでも、雰囲気を作るための質問なので、仕事内容や面接の内容にかかわらない質問が良いだろう。
 しかし、アイスブレイクのつもりで聞いた質問も、基本的人権の侵害や就職差別になってしまったり、セクハラやモラハラと捉えられたりする危険性があるため、注意が必要だ。

アイスブレイクで使える質問

・「室温は大丈夫ですか?」(暑い、寒いなど)
・「今日はここまで何を使って来ましたか?」
・「当社まで何分ぐらいかかりましたか?」
・「緊張されてますか?」
・「会社説明会はどうでしたか?」
・「筆記試験はいかがでしたか?」

聞いてはいけない質問

・本籍地 
 「あなた(又は父親、母親)の本籍地はどこですか?」
・家族の職業 
 「ご両親はどちらの会社にお勤めですか?」
・家族の収入、資産、住居状況
 「両親は共働きですか?」「学費は誰が出費しましたか?」「家はマンションですか、戸建てですか?」
・思想・宗教・支持政党
 「信仰する宗教はありますか?」「信条としている言葉は何ですか?」「支持政党はありますか?」
・自宅付近の略図や経路など
 「〇〇市のどの辺りですか?」「住んでいる地域は、どのような環境ですか?」
・男女雇用均等法に抵触する質問
 「結婚・出産しても働き続けますか?」「結婚の予定はありますか?」

コミュニケーション能力を測る質問

 日常だけでなく、コミュニケーション能力は仕事を円滑に行う上で重要となってくる。今では約8割の企業が面接時に重視する項目としてコミュニケーション能力を挙げているようだ。

「自己PRをしてください」・「自己紹介をしてください」
 面接の導入部分での質問として使用できる。自分自身のことをいかに...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。