オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

管理部門必見! 年末の大掃除 オフィス内での段取りと手順

2019.12.17

 いよいよ師走となった。年末年始を前に、オフィスの大掃除を考えている会社も多いだろう。中には、社内行事の1つとして、毎年社員総出で大掃除を行っている会社もあるのではないだろうか。しかし、稼働日数の少ない12月は決算や年末調整など、業務も山積みだ。「大掃除は効率良く終わらせ、少しでも業務の時間を確保したい」というのが社員の本音ではないだろうか。

 年末の大掃除は、管理部門の段取りの仕方で効率よく進めることができる。そこで今回は、大掃除当日に社員全員がスムーズに作業を行うための段取りと手順を紹介する。

事前の準備 

大掃除の日を決める
 まずは、大掃除の日程を決めよう。日程を早めに決めておくことで、「自分のデスク周辺はいつまでに片づけておくのか」など、社員が計画を立てて行動することができる。

掃除する場所を決める(計画書の作成)
 オフィスのどこからどこまで掃除するのか、範囲を決めておくことも大切だ。せっかくの機会だから、普段は掃除できないところを綺麗にしたいと思う担当者もいるだろう。しかし、大掃除にかけられる時間は限られているため、掃除箇所の優先順位を決めることが重要となっていくる。そうすることで、限られた時間内でも、掃除が必要な箇所を重点的にきれいにすることができるだろう。

 まずは、下の表を参考に「掃除する場所」「方法」「担当者」などを記載した計画書を作り、社員に配布しよう。一目で掃除箇所が把握できる計画書があることで、社員も大掃除に取り掛かりやすくなるだろう。

年末の大掃除計画表の例
年末の大掃除計画表の例

必要な道具の用意
 計画表を作成したら、必要な道具を揃えよう。会社の大掃除では複数人数が同時に作業するので、一つの道具を皆で共有していると時間のロスにもつながってしまう。担当する人数と作業の様子を考えた上で、必要十分な量を用意することが重要だ。洗剤などは事前に残量をチェックし、補充しておくと良い。

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。