オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

【取材記事】中小企業を応援する効率化サービス 「事務SOL」とは

2020.01.31

一般的にERP サービス(※)は資金力に余裕のある大企業でのみ導入が進んでいるのが現状だ。ところが、そんな常識を打ち壊す中小企業専用ERP「事務SOL」というツールがあるのをご存じだろうか。システムや予算感を中小企業に合わせて展開しているVIP ソフトウェア株式会社の岡田郁二氏に話を伺った。

※バックオフィスの一元管理システムを指す。

中小企業専用ERPで、面倒な事務作業の効率化を

 事務SOLは、営業・経営・人事給与・経理情報を一元的に管理することで、経営の効率化を図るサービスである。いわゆるERPサービスの一つだが、特筆すべきは中小企業やスタートアップのためのサービスである点だ。多くのERPサービスが大手企業を対象としている中、事務SOLはシステムや予算感を中小企業に合わせて展開している。

「ERPサービスは、バックオフィス業務に人手を割けない中小企業にこそ広まるべきなのではないでしょうか。経営効率化を提供することで中小企業を応援したいと考えて、事務SOLを開発しました」VIPソフト
ウェア株式会社の岡田氏はこのように語る。実はVIPソフトウェア自身も、事務SOLを使っている企業の一つである。以前は丸々1週間、40時間かけて行っていた月初の締め作業が、3時間程度にまで短縮されたのだという。自身でユーザーテストを行い、万全を期してリリースした出色のサービスなのだ。

中小企業・スタートアップに、一元管理の利便性を

 そもそもERPサービスとは、効率化を押し進めるための
ツールである。当然、簡単に使えるものでなければならない。導入や運用に手間取り、かえって非効率な事態を生むようでは意味がない。

 事務SOLは、徹底して使いやすさを追求したサービスとなっている。まずはシンプルな表示画面の導入。誰にでも簡単に使えるよう、煩雑な作業を究極まで削ぎ落としている。
そして事務SOLの最大の特徴は、最初からERPサービスを狙って作られたものであるということではないだろうか。

 これを当然と思うことなかれ。岡田氏によれば、世に出回っているERPサービスの中には、HRや経理への個別ソリューションありきで発達してきたものが多いのだという。「つぎはぎで発展してきたサービス
は、結局のところ使い心地が悪いこともあります。最初からERPの設計が行われていれば、そのような懸念は払拭されます」

 今や大企業では経営効率化が進んでいて、ERPに取り組んでいない企業を探す方が難しい。一方、多くの中小企業やスタートアップにおいては、ERPの重要性は認識しつつも、その導入コストの過大さがネック
となっているのではないだろうか。結局つぎはぎの統合システムを使っていたり、あるいは属人的なリソース管理が残っている企業も多くある。結果、誰が何をやっているのか何をやるべきなのか、管理者が把握できていないケースも多々見聞きする。

「人材が不足しがちな中小企業では、どうしてもバックオフィス業務に時間を割けないことが多くあります。その結果、事務ミスが発生し顧客に迷惑をかけてしまう場合や、謎の『使途不明金』に資金繰りを乱され、黒字倒産というケースもあります」

 中小企業にこそ、ERPは必要なのである。事務SOLは中小企業の救世主となるかもしれない。

大企業並みのERPを、気軽に手が届く価格で

 中小企業あるいはスタートアップにとって、ERP導入の最大のネックはその価格にあると岡田氏は分析する確かに、収支を圧迫しかねない高額商品ならば、簡単に導入できるはずもない。

 その点、事務SOLはとにかく安い。3 ライセンスで9800円(税別)/月というのは、他社の追随を許さない破格ともいえる水準である。なぜその値段での提供なのか。

「経営体力のない中小企業さんやスタートアップの方々に使っていただかないと、開発した意
味がないからです。事務SOLはそもそも、中小企業を応援するために作ったサービスなので」岡田氏はそう言い切った。

 確かにERPサービスが本当に必要なのは、中小企業なのかもしれない。「バックオフィス業務というのは、いわば守りです。スタートアップにとっては攻めの姿勢が重要なわけで、是非ともそこに注力していただきたい。その挑戦を私たちは、全力でバックアップします」岡田氏は力強く語ってくれた。まだまだこれからという段階のスタートアップにこそ、費用対効果に優れた事務SOLは奏功しそうだ。

 もちろん安いだけではない。一般的に必要な機能は大抵備わっている。例えば上長の承認がなければ入力が反映されない機能や、データを権限者にのみ閲覧可能なものとして設定する機能も実装されている。当然、入力したデータをCSV出力し、税理士や弁護士など外部の専門家に送付することも簡単にできる。

「意外と手間取る」作業を徹底的に削減できる仕組みが、事務SOLには備わっているのだ。

事務SOLはいつまでも中小企業の強いミカタである

「中小企業とともに、弊社も発展していきたい」岡田氏は語る。使いづらい点や追加してほしい機能があれば、どんどん意見を送ってほしいのだという。
「実際に、いただいたご意見に基づいて、事務SOLはどんどん便利な機能を増やしてきました」

 最後に岡田氏は、同サービスの展望についてこう語る。

「われわれはONE SYSTEMを目指しています。これは社内__のシステムを一元化し作業効率を上げ、情報共有をスムーズにし、経営者から社員まで一つのチームとして機能させるようなシステムです。今後はそんなシステムを導入している企業を増やし、日本の未来をもっと明るくしていきたいですね」

「事務SOL」3つのポイント

1.ONE SYSTEMで情報の一元管理
2.情報の見える化で、作業漏れやミスがなくなる
3.圧倒的な低価格の9,800円/月

■ お問い合わせ先情報

VIPソフトウェア株式会社
電話番号   :03-6206-1027
メールアドレス:info@vip-soft.jp
対応時間   :平日 10:00~19:00
ホームページ :https://www.jimusol.net