オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

10人以上のチームでも5秒でミーティング予約が可能になるアプリ「TIMEPACK」のオープンβ版公開

2019.01.15
オフィスのミカタ編集部

奈良県生駒市に本社があるTIMEPACK株式会社(旧株式会社WATTADAY、以下「TIMEPACK」)は、10人以上のチームでも5秒でミーティング予約が可能になるアプリ「TIMEPACK」のオープンβ版を、2019年1月15日にAppStote上にて公開した。

TIMEPACKの特徴

Googleカレンダーと連携してメンバーの空き時間をとりまとめ、一瞬でメンバー全員の予定合わせが可能になるアプリ。リモートワークやマルチタスクで動いているチームでのスケジュール調整の課題を解決する。


<特徴>
(1)Googleカレンダー上の空き時間だけを、チームメンバーに常時共有可能。
(2)チームメンバーをグループのURLに招待することで、チーム全員の共通する空き時間だけを確認できる。
(3)空き時間をタップするだけで、Googleカレンダー上にスケジュールを書き込み。チームメンバーを自動で招待しgmailで招待メールも届く。
(4)メンバーと自分の空き時間を把握でき、チャットの返信が返って来やすそうな時間も直感的にわかる。
(5)予定の中身は表示されないので、プライバシーが守られる。
(6)お互いの共通する空き時間だけが表示され、自分の予定がスカスカでも恥ずかしくない。

TIMEPACKが生まれた背景

開発者自身が大学院での研究等で忙しく、マルチタスクかつ基本的にリモートワークという環境の中で活動。非同期な働き方によるお互いの物理的な状況理解不足が原因で、コミュニケーションが上手くいかないことがしばしばあったそう。そこで、もっと簡単にお互いの状況を知れるツールが欲しいと思いから「TIMEPACK」を開発。実際に使用を開始してから、チームでのコミュニケーションはかなり円滑になったようだ。
現在のバージョンでは「時間」に着目し、まずはお互いがアクセス可能な時間を知ることができるようになっている。

TIMEPACKが狙う領域と展望

現在コラボレーションソフト市場では、海外で生まれたSlackやTrello、国内で生まれたBacklogやScrapboxなどのツールが順調に伸びている。日本では働き方改革によるリモートワークや副業の増加に伴い、今後さらに非同期コミュニケーションを円滑にするため、これらのツールの導入が加速するだろう。

一方で、リモートワークや多拠点、マルチタスク、成果主義のような働き方は”向き不向き”もあるため、新しい働き方に馴染めない人が出てくると考えられる。生産性や効率化が求められるのと同時に、チームでの相互理解を深め、繋がりの強さやシンクロ率を高められるようなサービスも求められそうだ。

TIMEPACKのミッションは「補完関係を強化するテクノロジーを生み出し続けるなかでソフトウェアの更なるユビキタス化を実現する」だ。”人を理解する”ためのコラボレーションツールとして、新しい市場を開拓していきたいとのこと。

すでに奈良県との共同プロジェクトにより「プライバシーを考慮し抽象化した未来の位置情報予測エンジン」を研究開発済みで、この機能は通信不要、スマホ内での強化学習モデル(AI)となっており、近日公開予定。

今回、β版の公開により仮説検証を進めることで、利用者の意見を取り入れ、Android版、Web版の開発も順次行われるようだ。

10人以上のチームでも5秒でミーティング予約が可能になるアプリ「TIMEPACK」。リモートワークや副業など多様な働き方が求められる中で、コミュニケーションを円滑にするためのツールの一つとして一役買いそうだ。

<PR>