オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

2019年版 日本における「働きがいのある会社」 ランキングをGPTWジャパンが発表!

2019.02.12
オフィスのミカタ編集部

「働きがいのある会社」に関する調査・分析を行うGreat Place to Work® Institute Japan(本社:東京都品川区、以下GPTWジャパン)は、2019年版 日本における「働きがいのある会社」ランキングを、2月8日(金)に発表した。
日本での発表が13回目となる2019年版は、過去最高となる480社の企業がエントリー。「働きがいのある会社」ランキングの参加企業は年々増加し、従業員の「働きがい」を高めることで事業活動を活発化させようという動きが広がっていると考えられる。
各社で取組まれている「働き方改革」の施策により、働きやすさの向上には一定の成果をあげる企業が増えてきている。こうした取組みを従業員の「働きがい」実現につなげ、真の「働き方改革」の成功のためにさらなる工夫や努力を重ねる企業が上位に名を連ねる結果となった。

■「働きがいのある会社」ランキングについて

「働きがいのある会社」ランキングとは、「働きがいのある会社」調査に参加を希望した企業の中から、一定水準に達した企業を「ベストカンパニー」として認定するもの。日本では従業員数により、大規模部門(1,000人以上)、中規模部門(100~999人)、小規模部門(25~99人)の3カテゴリーに分けて発表している。
アンケートは「従業員へのアンケート」「会社へのアンケート」の2つで構成されており、配点は、「トラストインデックス©」が全体の2/3、「カルチャーオーディット©」が全体の1/3で、従業員からの声を重視している。

①従業員へのアンケート(トラストインデックス©)
「経営層への信頼」「仕事や会社への誇り」「従業員同士の連帯感」に関連する58問の選択式設問、および2問の自由記述式設問に、従業員が無記名で回答

②会社へのアンケート(カルチャーオーディット©)
企業文化や会社方針、人事施策など、「働きがい」を高めるための具体的な施策を企業が回答

■大規模部門 ランキング

1位:セールスフォース・ドットコム(クラウド型顧客関係管理システムの提供)
2位:Plan・Do・See(ホテル・レストラン・バンケット運営・企画)
3位:ディスコ(精密加工装置の製造・販売)
4位:アメリカン・エキスプレス(クレジットカード等金融事業、旅行関連事業)
5位:プルデンシャル生命保険(生命保険業)
6位:モルガン・スタンレー(金融サービス)
7位:DHLジャパン(国際物流サービス)
8位:LAVA International(ヨガスタジオ等の運営)
9位:テイクアンドギヴ・ニーズ(ウェディング、レストラン、ホテル事業)
10位:ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ(製薬、医療機器、ヘルスケア製品の製造販売)

■中規模部門 ランキング

1位:コンカー(出張・経費・請求書のクラウドサービス事業)
2位:サイボウズ(グループウェアの開発、販売、運用)
3位:バリューマネジメント(歴史的建造物の利活用を中心とした事業展開)
4位:freee(クラウドERPソフトの開発・販売)
5位:武蔵コーポレーション(資産運用コンサルティング)
6位:FCE Holdings(RPA、人財育成、コンサルティング、教育)
7位:CKサンエツ(金属製品製造業)
8位:アドビシステムズ(クラウドソリューション事業)
9位:グロービズ(教育事業)
10位:ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ(コンサルティング)

■小規模部門 ランキング

1位:アトラエ(人の可能性を拡げるインターネットサービス)
2位:and factory(SmartphoneApp、IoT事業)
3位:GRIT(英語コーチングPROGRITの企画・運営)
4位:イグニション・ポイントグループ(経営コンサルティングと新規事業創出)
5位:iYell(住宅ローンテック企業としてサービスを展開)
6位:gCストーリー(施工事業、介護事業)
7位:マルケト(クラウドを活用したマーケティング支援)
8位:リスティングプラス(Web広告運用代行、LP制作)
9位:スタメン(インターネットサービス、コンサルティング)
10位:ジェムスクール(英会話スクール、学習塾の運営)

■Great Place to Work® Instituteの概要

Great Place to Work® Institute は、世界約60ヵ国で、「働きがいのある会社」を世界共通の基準で調査・分析し、各国の有力メディアでランキングを発表。米国では、1998年より「FORTUNE」を通じて毎年発表されており、「働きがいのある会社」ランキングに名を連ねることが、「一流企業の証」となる。日本においては、株式会社働きがいのある会社研究所がGreat Place to Work® Institute よりライセンスを受け、Great Place to Work® Institute Japan(GPTWジャパン)を運営している。

■まとめ

年々参加企業が増えている「働きがいのある会社ランキング」。企業活動を活性化させるために従業員の「働きがい」を高める動きが広がっていると言える。今回上位になった企業群を参考に、自社でも取り入れられる取り組みがないか、考えてみてはいかがだろうか。

<PR>