オフィスのミカタとは

「意思統一!」朝礼が必要だと思う人は45.4%~朝礼についてのアンケート~

2019.05.10

インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区)は、「朝礼についてのアンケート」を実施。アンケートサイト「ボイスノート」に登録する、仕事をしている会員1220人が対象となった。朝礼が必要だと感じている人は45.4%となったがその理由とは?

■朝礼がある人は37.5%

37.5%があると回答。一方で、「ない」と回答したのが62.5%となり、おこなっていない職場のほうが多い結果となった。

■朝礼が必要だと思う人は45.4%

「必要だと思う」と回答したのは45.4%と、「必要だと思わない」ほうに比べ、若干少ない結果となった。

■必要だと思う理由に「コミュニケーション

必要だと答えた人は、主に情報共有やコミュニケーションの場と考えているようだ。

・挨拶に始まり、その日の打ち合わせ、段取りが明確になるから(53歳・男性)
・規律維持と健康確認(54歳・女性)
・みんなの顔が見れるから(28歳・女性)
・あると気分のスイッチが切り替わる(43歳・男性)
・コミニュケーションと情報共有のため(59歳・男性)
・意思統一と全体への情報内容のアップデートの場として(41歳・男性)

■必要ではない理由は「無駄」

必要だと思わないと答えた人は、朝礼が「決まりきった」無駄なものと考えているようだ。

・すぐ仕事についた方が効率がいい(47歳・男性)
・意味のない情報交換や挨拶練習をするのは時間の無駄(37歳・女性)
・自分の気もちでスタートしたいから(48歳・男性)
・いう事が決まっている(36歳・男性)
・連絡事項があればメールで十分なので(51歳・男性)
・毎朝やるのは時間の無駄だと感じる。週に1回でよい(28歳・女性)
・儀式めいたことは不要。時間の無駄(55歳・男性)
・必要な時だけやればよい(34歳・男性)

■「仕事において必要なこと」と考え毎朝朝礼を実施

前出の「職場では毎朝朝礼がある」と回答した457人に絞り、朝礼の必要性について聞いた結果を見てみると、先ほどの結果とは大きく違い、「必要だと思う」が77.0%となった。
朝礼は、毎朝おこなっている人には「仕事において必要なこと」だと考えられる割合が高いようだ。

■まとめ

今回の結果では朝礼を行っている人の割合は少ないようであった。働き方改革の推進もあり、それぞれの勤務時間が定まっていない企業も多いのではないだろうか。朝礼を実施している企業は、その目的を明確にし、朝礼に参加している意義を周知していくことが大事だと言える。

【関連記事】
朝から元気で活発な朝礼を! ユニークな朝礼の事例紹介