オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

オリンピック期間中の全社テレワークの動きが広がる。レノボグループも2000人の一斉テレワークを実施。

2019.06.27

 レノボ・ジャパン株式会社(本社東京都千代田区)およびレノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社、モトローラ・モビリティ・ジャパン株式会社、NECパーソナルコンピュータ株式会社のレノボグループ4社は、来たる2020年夏の世界的スポーツイベントに合わせ、2020年7月23日から8月10日までの19日間で2日の「スポーツ応援特別休暇」を実施する。

 また、期間中4連休2回、3連休1回の勤務とし、残る8営業日については原則として社員は全員自宅などからテレワークをする「全社一斉テレワーク」を実施。

 このプログラムによりレノボ関連4社勤務の約2000人が19日間オフィスに通勤しなくなる。

■2020年スポーツ応援ホリデー&テレワーク

 レノボは総務省の推進する働き方改革キャンペーン「テレワークデイズ」の特別協賛団体(申請中)である。

 今回の「2020年スポーツ応援ホリデー&テレワーク」は、その一環として2020年夏のスポーツイベントで予想される都内の混雑緩和に貢献する。

 また社員が通勤する時間を家族とスポーツ観戦をする時間に充てるなど、従業員満足度の向上を同時に図る。

■業務への影響がないよう、万全の準備体制

 レノボは2015年より従業員のテレワーク取得に条件を設けない「無制限テレワーク制度」を実施している。また2016年より毎年原則として全員がオフィスに出勤しない「全社一斉テレワークデー」を実施してきた実績がある。

 さらに本年中にはこれを拡大させた「全社一斉テレワークウイーク」を実施する計画(時期未定)で、2020年の「2020年スポーツ応援ホリデー&テレワーク」実施に向け業務への影響がないよう、万全の準備を進めていく。

■猛暑期の通勤の負担が軽減

 「2020年スポーツ応援ホリデー&テレワーク」によって、猛暑期の通勤の負担が軽減され、また就学中の家族のいる家庭では約40日の夏休みのうち半分以上の日数を家庭で過ごせることになる。

 そこで2020年の実施の後その成果を評価し、2021年以降も「夏休みファミリーテレワーク(仮称)」として今回の取り組みを定着させることを検討している。

■まとめ

 世界最大規模のスポーツの祭典が東京を中心に2020年夏に開催される。

 期間中、全社一斉テレワークを実施することは、交通混雑を避け、それぞれ生活スタイルにあった働き方も出来そうだ。

 「働き方改革」の一つとして、テレワークを導入することを検討してみてはいかがだろうか。

<PR>


<関連記事>
リコー、本社勤務2000名が一斉にリモートワーク!? 東京オリンピック開催に備え、「働き方改革」を推進