オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

デジタルスキル学習サービス「MENTER」が無償提供を開始 リモートワークに必要な6つのスキルを学習可能

2020.04.21

 新型コロナウイルスの影響で企業でのリモートワークが進む中、WHITE株式会社(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:横山 隆)は、デジタルスキル学習サービス「MENTER」(メンター)にて、主にリモートワーク未経験の法人・個人を対象にオンライン学習講座の無料提供を始めた。

現在のリモートワーク実行率は5%...その理由とは?

 新型コロナの影響による緊急事態宣言が発令され、国はリモートワークを推奨している。しかし、実施ついては企業に判断を委ねており、現在のリモートワーク実行率は、5%程度だ。

 その理由として、現場主義のマネージメントやコミュニケーションから、オンラインでのコミュニケーション、タスク管理、さらには人事制度など、多くの変革を行う必要があり、組織全体での取り組みを行うことが容易でなかったことが挙げられる。

 しかし、未曾有の状況下にて、前向きに経済活動を続けていくにあたり、リモートワークを行うこと、遠隔でも成果を上げていくことが必要不可欠である。

 そこで、通常デジタルスキル学習サービスを提供しているWHITE株式会社は、リモートワーク未経験の法人(個人)が、円滑に在宅勤務を開始できるよう、リモートワークスキルの習得を目的としたオンライン特別講座の無料開放する。
※今回は法人だけでなく個人向けにも開放する。

リモートワークに必要なスキル

 リモートワークを円滑に進めるためには6つのスキルが必要となってくる。

 MENTER(メンター)では、リモートワークに必要な6つのスキル別に設問が用意され、知識的なインプットと実効性ある内容を学習することが可能だ。

1.ビデオ会議スキル
リモート時に会議を行う際に活用することができるツール( zoom, skype, Google Hangout ,Wherebyなど)の紹介、具体的な使用法マニュアル動画を用いた使用方法説明、会議設定演習など

2.文書作成スキル
オンライン上であっても詳細を伝えることができるオンライン文章作成スキルについて。
加えてオンライン文書の設定(一般公開、共同編集、非公開等)や、Googleドキュメントの登録〜使用方法、環境が異なる相手への情報共有の演習など

3.デジタルコミュニケーション力
相手の環境が見えないリモート環境下におけるデジタルコミュニケーションのポイントについてや、オンラインコミュニケーションツール「Slack」, の紹介〜使用方法など

4.インターネットリテラシー
リモートワークを快適に行うために必要な基礎知識や、各種ツールに関する情報の紹介など

5.タスク管理能力
リモートワークでのTo do管理の大切さや、具体的にツールを用いた運用方法についてに加え、勤怠管理方法、セキュリティー対策など

6.Web検索〜自己解決スキル
検索を活用して問題解決を自ら行うことの重要さ、検索テクニックについて

(全65講座)

PCやスマホから今すぐに学習することが可能

 設問はクイズ形式で、だれでも簡単に今すぐに学習することができる。

リモートワークスキルアップして、在宅勤務を楽しみましょう!

▼リモートワークスキル育成講座 利用開始ページはこちら
https://menter.jp/c/sp-registration/

まとめ

 新型コロナウイルスの影響でリモートワークを導入する企業が急増しているが、当然メリットとデメリットが存在する。また、リモートワークに適さない職種や部署も実在する。そのような事を吟味した上でリモートワーク導入の環境整備を行い実施していくことが重要となるだろう。

社員研修サービスを提供するカルチャリアがコロナウイルスで社員研修に打撃を受ける方向けにYoutubeチャンネルを開始

<PR>