オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

「NECネッツエスアイ」と「eeasy」が業務提携

2021.03.26

 株式会社E4(所在地:東京都千代田区/代表取締役社長:杉本太一朗)は、日程調整サービス「eeasy(イージー)」の拡販に向け、NECネッツエスアイ株式会社(所在地:東京都文京区/代表取締役執行役員社長:牛島祐之)と業務提携契約を締結したと発表。この提携により、さらに多くの企業においてDX、業務効率改善、働き方改革に関する推進を目指すとしている。

企業が抱える複合的な課題を解決

 株式会社E4が運営している「eeasy」は日程調整の自動化とWeb会議用のURLを自動発行&通知することができるサービス。そしてNECネッツエスアイは、Web会議ツール「Zoom」の日本での第1号販売店であり、企業のDX推進に関して国内トップレベルの企業。

 今後企業のDX化や働き方改革はますます促進されることとなり、企業は複合的な課題を抱えていくと予想されている。実際にこの1年で急速にリモートワークの導入が進んだことによりWeb会議ツールの活用も促進され、「Web会議用のURLを発行する手間が増えた」「Web会議用のURLを送り忘れてしまった」などの課題も新たに発生している。こうした課題を共に解決し、支援していくことを目的としているのが今回の業務提携だ。

スケジュール調整の業務効率化を可能とするサービス「eeasy」

 「eeasy」はGoogleカレンダー、Outlook予定表と連携。空きがあるスケジュールを自動的に見つけ出し、ビジネスにおけるスケジュール調整を自動化する。さらに、ZoomやMeetなどのWeb会議URLを自動で発行&通知することもできる。ニューノーマル時代のスケジュール調整における業務効率化に期待できることから、正式公開後9ヶ月で7000社以上に導入された。

両社が提携に期待すること

 NECネッツエスアイは、「eeasy」が多数の企業から支持されている実績に注目。今回の提携で自社が取り扱うDX推進ソリューションの強化や、URL送信だけでスケジュール調整まで完了させるこれからのニュースタンダードの共創に期待を寄せている。

 株式会社E4 は、NECネッツエスアイを「ビジネス上のDXを強力に牽引してきた国内トップレベルの企業」と評している。提携により、これまで進化が乏しかったスケジュール調整の方法や概念に「変革の時」がもたらされるだろうと述べた。

まとめ

 新型コロナウイルス感染症の拡大によって、企業はさまざまな変化に対応する力を求められることとなった。株式会社 E4とNECネッツエスアイの業務提携は、ニューノーマル時代を迎える多くの企業において働き方改革やDX化を支えていくことになるだろう。

<PR>