オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

オンライン・パフォーマンス向上支援サービス「hanaseru」が「IT導入補助金2021」の対象ツールに認定

2021.07.29

パーソルイノベーション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:長井 利仁)は、提供するオンライン・パフォーマンス向上支援サービス「hanaseru」が、「IT導入補助金2021」の交付対象ツールとして認定されたことを発表した。

「IT導入補助金2021」について

「IT導入補助金2021」は、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、生産性向上をサポートするもの。「hanaseru」で申請できるのは、通常枠のうちのA類型となる。補助金の交付には申請および審査が必要だ。補助対象となる事業者は、株式会社・社会福祉法人・学校法人・NPO法人等の中小企業、小規模事業者となっている。補助金額は、最大で30万〜150万円未満で年間費用の1/2。申請締切は2次が7月30日、3次が9月中を予定している。

「hanaseru」

従業員の働く不安・孤独を払拭し、自律・意思・実行を引き出すオンライン・パフォーマンス向上支援サービス。「デジタルアンケート」と「プロフェッショナル人材との対話」を融合することで、組織全体のモチベーションコントロールのほか、一人ひとりのキャリア自律に向けた支援を行う。

国家資格キャリアコンサルタント資格やストレングスファインダーコーチなどの資格を持ち、人材開発領域で講師経験やコンサルティング経験のあるキャリアアドバイザーが、プロならではのカウンセリング力で1on1を代行。毎月対話を重ねることで従業員の意識と行動が変わり、人材育成・教育の観点からも効果が期待できる。

また、組織の「ミッション」をもとにアンケート調査を実施し、メンバーの意見から共感度を独自に分析。更にメンバーのコンディションも数値化し、事業や組織の一手先の未来の予測を強力サポートする。

1on1やアンケート調査の実施結果をプロのキャリアアドバイザーが分析し、組織課題を解決するための最適なマネジメント案を提案。システムを通じてチームや個人へのフィードバックも行う。

まとめ

パーソルの新規事業創出プログラムから誕生した同サービスは、従業員エンゲージメントの向上や一人ひとりのキャリア自律に効果が期待できそうだ。IT導入補助金の対象ツールとして認定され、導入しやすくなったのではないだろうか。

<PR>