オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

仕事の中での日本語コミュニケーション力を測定・評価!『JapanyTest』提供開始

2022.06.23

外国人雇用の総合支援サービス「MEIKO GLOBAL」を提供する株式会社明光ネットワークジャパン(東京都新宿区、代表取締役社長:山下 一仁、以下、明光ネットワークジャパン)は、外国籍社員が在籍、もしくは、採用を検討している企業・団体向けに、仕事の中での日本語コミュニケーション力を測定・評価する「明光式日本語測定試験 JapanyTest」(以下、「JapanyTest」)を開発し、2022年6月より提供を開始した。

開発・提供の背景

本試験は、従来の試験結果と実際の就労場面における日本語能力にギャップがあるといった企業からの声を受け、「日本語の言語知識」のみならず、その言語知識をいかに運用できるかといった「課題達成力」や、「相手への配慮ができるか」「相手にどのような印象を与えるか」といった日本語によるコミュニケーション能力を総合的に測定することを目的に開発された試験である。

試験の特長

試験は「読む」「聞く」「書く」「話す」「やりとり」の5つのセクションで構成。それぞれの問題は「就労場面において日本語で何ができるか」という観点で課題が設定され、上司に休みの許可を求める、電話の内容を聞き取って伝言メモを書くといった、ロールプレイ形式や記述形式の問題などが出題される。

試験官と受験者は1対1で試験を行い、「日本語能力(言語知識)」と「コミュニケーション能力」の2つの基準で評価を行う。それぞれのレベル指標の他、総評にて個別のフィードバックを行い、その後の企業様での研修・人材育成にお役立ていただくことを想定している。

JapanyTest評価表

評価表では、日本語の「読む」「聞く」「書く」「話す」「やりとり」の5つの能力を試験を通じて数値化。日本語能力のみならず、「意思の疎通」「相手への配慮」「人物の印象」など人とコミュニケーションを円滑にはかる上で大切な要素についても試験を通じて評価する。採用面接時の選考の手段の一つとして利用したり、評価表の内容をもとに本人へのフィードバック、教育内容を決定する上での判断材料にしたり、外国籍の社員を採用・育成していく上であらゆるシーンで活用が可能。

会社概要

会社名:株式会社 明光ネットワークジャパン(東証プライム)
代表者:代表取締役社長 山下 一仁
所在地:東京都新宿区西新宿7丁目20番1号
事業内容:企業としてのPurpose(パーパス:存在意義)を“「やればできる」の記憶をつくる”、Visionを”「Bright Light for the Future」⼈の可能性をひらく企業グループとなり、輝く未 来を実現する”と掲げ、個別指導塾「明光義塾」をはじめ、 多様な教育サービスを提供している。

まとめ

外国籍人材の活用が進む中で、日本語でのコミュニケーション力に不安を抱くこともあるだろう。試験を通じてそれぞれの能力が数値化されれば、採用・育成に役立つのではないだろうか。社内にそうした課題があれば、本サービスの活用を一度検討してみては?