オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

HRBrain、社内問い合わせ対応をAIで自動化する「HRBrain AI Assistant」を今秋提供開始

2022.07.15

株式会社HRBrain(本社:東京都品川区/代表取締役CEO:堀 浩輝)は、社内の問い合わせ対応をAIによって自動化し、バックオフィスの業務効率化を実現するチャットボットサービス「HRBrain AI Assistant」を今秋に提供開始することを発表した。

機能概要と特徴

「HRBrain AI Assistant」は、社内問い合わせ対応をAIで自動化し、バックオフィス業務の効率化を実現するチャットボット。社内問い合わせ対応にかかる工数削減や属人化の解消、社内コミュニケーションの最適化を実現することが可能だ。

<HRBrain AI Assistantの特徴>

特徴①:社内問い合わせ対応をAIで自動化
従業員からの質問と回答内容を蓄積し、機械学習を用いて社内問い合わせへの回答を自動化することで、社内問い合わせ対応の効率化を実現。日々発生する社内問い合わせ業務を大幅に削減することが可能だ。

特徴②:導入後の初期設定やメンテナンスもラクラクに
一般的な質問と回答内容のテンプレートを完備しており、チャットボット導入後の初期設定の効率化を実現。個社特有の質問も直感的な操作で追加することが可能なため、チャットボット導入後に発生するメンテナンス工数を大幅に軽減することができる。

また、適切な回答がされなかった問い合わせに対して、有人対応した内容を数クリックでデータベースに蓄積できる独自機能を開発。簡単にデータベースを最新にできるため、その後に発生する同様の質問への回答を自動化でき、導入後のメンテナンスも手軽だ。[特許出願済]

特徴③:利用中のビジネスチャットサービスと連携し、気軽に質問が可能に。
ビジネスチャットツールと連携しているため、従業員は日頃使用しているチャットツールから気軽に社内問い合わせをすることが可能になる。また、社内制度変更などの告知もチャットツール経由で実施することが可能となり、社内制度の浸透にも繋がる。

特徴④:回答内容の改善でさらなる工数削減を実現
社内問い合わせ内容を蓄積し、社内問い合わせの傾向を可視化。従業員のフィードバックを踏まえ、質問に対する回答内容のブラッシュアップが可能に。また、問い合わせの多い領域や業務フローに関する傾向が可視化出来るため、業務改善の根拠としても活用できる。

会社概要

社名:株式会社HRBrain
所在地:東京都品川区上大崎2-25-2 新目黒東急ビル 5F
代表取締役CEO:堀 浩輝
設立:2016年3月1日

まとめ

本サービスは、社内問合せの対応を自動化するのみならず、データの蓄積やビジネスチャットツールとの連携も可能となっている。社内問合せ業務に課題があると感じているのであれば、導入を検討してみては?