オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

【WHI調査レポート】約半数の企業が副業を「認めている・準備中」と回答

2022.08.22

株式会社Works Human Intelligence(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:安斎富太郎、以下 WHI)は、統合人事システム「COMPANY」のユーザーである大手法人を対象に、副業推進の実態について状況調査を実施した。

本調査の背景

イノベーションの促進や人材育成、労働市場の流動化等、経済成長を目的として、2018年より副業が推進されてきた。また、今年6月に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2022」(骨太方針2022)では、労働者の多様なキャリア形成を促進する目的で、副業・兼業の拡大・促進に関する取り組みを強化していくことが決定。さらに、労働者が適切に職業を選択し、多様なキャリアを形成していけるよう、7月には「副業・兼業の促進に関するガイドライン」が改訂され、企業に対し副業・兼業への対応状況についての情報公開が推奨されるようになった。国の施策として副業の推進が掲げられてから4年、大手法人における推進状況や目的・課題等、副業への対応実態を調査した。

副業実態調査結果の概要

1. 副業を「認めている・準備中」と回答した企業が全体の約半数を占める一方、「認めていない(検討の予定なし)・過去に認めていたが、今は認めていない」と回答した企業は全体の23.0%という結果になった。

2. 副業を認める・検討することになった目的を問う設問では、「従業員のスキルアップ、知見の拡大、成長促進」・「キャリア自律、キャリアの多様性」が上位回答となった。

3. 副業を認めている対象者の条件に関して、「条件はない」という回答が最も多い結果となった。また、働き方についての条件に関しては、「所定日数、時間数、時間帯、勤務形態」と回答する企業が71.4%に上った。

4. 副業を「認めない・過去に認めていたが今は認めていない」理由について、回答企業の86.7%が「労務管理の煩雑さ」を挙げる等、従業員の就業管理に課題を抱えている企業が多数。

調査概要

調査名:副業の実態について
期間:2022年5月12日〜6月3日
調査機関:Works Human Intelligence調べ
対象:同社製品「COMPANY」ユーザーである国内大手法人65法人
調査方法:インターネットを利用したアンケート調査
有効回答数:65

まとめ

副業者の労務管理や就業管理等、制度推進上の課題も本調査で明らかになった。単に従業員の多様性を守るだけでなく、政府からの要請や市場による企業価値判断材料といった外的要因について、経営層、事業部門への説明や協力の依頼が必要となるだろう。