オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

これからの「採用」はどう変わるのか?⑦~職場が採用活動を主導する「職場スカウト採用」

 急激な少子高齢化、労働人口の減少、デジタル社会への転換、AIの進化など、社会構造は大きく変化しています。その中で、我々が働く環境も変化を遂げつつあり、個人の「働く意識」が問われ始めています。
 そんな中、採用手法の新たな進化が始まりつつあります。人事主導ではなく、職場が採用活動を主導する「職場スカウト採用」とはどんなものなのか、詳しく解説したいと思います。

将来の上司や同僚が採用現場に出て「リアル」をさらけ出す

 深刻な人材不足、それに伴う人材獲得競争の激化が続いています。以前この場でも触れましたが、2社に1社は計画通りの採用人数が確保できなくなっている時代。そして、せっかく新しい人材を迎え入れてもすぐに辞めてしまう時代です。従来の採用手法のままでは、優秀な人材の獲得や、早期活躍・定着を実現することが難しくなっています。

 そんな中、注目されているのが「職場スカウト採用」。従来のように人事だけが孤軍奮闘するのではなく、配属先の上司や同僚が採用活動を主導して、職場全体でありのままを見せて採用するという新たな採用手法です。

 従来の採用は、自社の「会社概要」をもとに人事担当者が仕事内容や待遇などを一方的に伝え、求職者側も自分自身をさらけ出さず取り繕って伝えるという方法が主流でした。しかしこれからは、将来の上司や同僚がリアルな仕事内容や、普段の職場の雰囲気、習慣などを求職者に伝え、入社前の時点で認識をすり合わせておくことで入社後のミスマッチを起こさないようにするという、職場単位の採用が主流になるとみられます。

求職者は、入社前に職場長や同僚と会話する場を求めている

 企業にとっては、採用はもちろん「定着・活躍」が大きな課題になっています。「せっかく入社したのに、なぜすぐ辞めてしまうのか?」の答えは、求職者の声の中にありました。

 以前もご紹介しましたが、リクルートキャリアが転職決定者1343名に行った「転職者の転職先でのとまどいランキング」によると、最も多かったのは「前職との仕事の進め方ややり方の違い」、続いて「社内用語や業界用...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。