オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

【第5回】 いまさら聞けない総務のあれこれ!?シリーズ 〜「総務業務にまつわる空調設備」の基本知識〜

 

 第1回において工事区分(A工事、B工事、C工事)、第2回では「原状回復」、第3回第4回では総務に関わる「財務」と「建築」のお話をしました。そして今回は総務部として知っておきたい「空調設備」に関するいまさら聞けない小話を致します。

 総務の仕事で「設備」というと、空調設備、電気設備、監視設備、消化設備、自動制御、セキュリティ設備など多岐にわたりますが、特に空調設備は日常的にいちばん関わるものですね。有り難みもある一方でうまく機能しないと大変苦労するのではないでしょうか。私が過去に数々の会社で実施した社員満足度調査においても、不満足要因のトップにいつも空調は上がっています。「暑い」「寒い」に加えて、「風が当たる」「ジメジメしている」「乾燥して肌がカサカサ、咳が止まらない」「なんだか息苦しい(換気の問題で二酸化炭素CO2が増加している状態)、などユーザーの不快指数は様々です。それらの解決には、設定温度を変えれば良いという簡単なものではなく、空調設備全体の基本的な知識とシステムに対する理解とセンスが必要です。そうでないとすべてが「設備センター任せ」となってしまい、ユーザーから不満が来ても「設備センターへリクエストしました」しか言えない、いわゆる「イヤイヤ管理型の残念総務」。。となってしまいますね。笑
そのために最低限しっておいて損はない、こちら豆知識です〜

 一般的なオフィスにおいて空調設備というと、通常はビル空調とテナント追加空調の2系統に分かれます。

1 ビル空調:ビル側で施工し備えている空調設備(A、B工事区分)
2 テナント追加空調:入居側にて必要に応じて追加設置する空調(C工事区分)

 1 は通常フロア単位で完結するシステムとすることが多く、例えばVAV(Vari...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。