オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

経理担当者へ朗報!入金消込作業・ 債権回収業務が自動化・省力化できる時代へ【株式会社アール・アンド・エー・シー 高山 知泰 氏 インタビュー記事】

2019.01.17
株式会社アール・アンド・エー・シー 代表取締役社長 高山 知泰 氏
株式会社アール・アンド・エー・シー 代表取締役社長 高山 知泰 氏

 経理担当者にとって、月末の入金消込・債権回収管理は非常に気を遣う作業だ。多くの工程と、手作業での入金作業には多数の人材と、膨大な時間がかかる。そんな大変な作業が自動化・省力化できるサービスがあるのをご存じだろうか?

 利用ユーザーの90% 以上が「導入してよかった」と答えた入金消込・債権回収管理サービスとはどんなサービスなのだろうか?

ハイリスクで手間の掛かる入金消込業務・債権回収 管理も次のフェーズへ

 「入金消込業務・債権回収管理分野のIT化は、完全にガラパゴス化していました」と語る、株式会社アール・アンド・エー・シー(以下、R&AC)の代表取締役社長 高山 知泰氏。同社は入金消込・債権回収管理の専門特化型システムを提供する国内でも珍しいIT企業である。

「私は会計事務所勤務を経て、会計システムベンダーを経験してから起業しました。起業前から、経理業務の中でも入金管理や売掛債権の消込管理については、世の中に出回っている製品が非常に少ないと思っていました。企業にとってお金の受取と支払、どちらがシビアかというと、これは当然、支払の方です。100万円請求されたのに80万円しか払わなかったら大問題です。だからシステム化しようという意識になりやすい。かつ通常、取引のイニシアチブは払う側にあって、自分たちのルールでシステムを作れるので定型化しやすい。なので、システムによる合理化は比較的容易にできてしまうんですよ」

入金のシステムはずっと「後回し」にされてきた

株式会社アール・アンド・エー・シー 代表取締役社長 高山 知泰 氏
株式会社アール・アンド・エー・シー 代表取締役社長 高山 知泰 氏

「ところが、入金のシステムはまるで逆です。請求した分を1件1件管理しなくても、『お金が入っていればいいや』という中小企業は、実は少なくありません。いろいろな業務管理システムがある中で、入金業務のシステム化は最も後回しにされてきたんです」

 それをいち早く問題視したのが、R&ACだ。

「当初弊社は、業務系システムの導入コンサルティングからス...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。