オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

入金消込作業は大変だと思い込んでいませんか? Victory-ONEは経理の“照合”に関する悩みを解決

2019.08.30
写真:株式会社アール・アンド・エー・シー 花松 孝太朗 氏
写真:株式会社アール・アンド・エー・シー 花松 孝太朗 氏

 事業を行う上で必ず発生するお金のやり取り。それらに付随する入金消込・債権回収業務は避けて通ることができない。膨大な時間と責任がつきまとい、経理担当者に多くの負担がかかっているのが現状だ。

 その解決のヒントについて、債権関連の照合・消込に特化したシステム『Victory-ONE シリーズ』を手掛ける株式会社アール・アンド・エー・シーの花松 孝太朗氏に話を伺った。

手作業の消込がはらむリスクミスが信用低下の原因に

 債権関連の照合業務は、売上に直接影響する業務と比べ、どうしてもシステム化・合理化が遅れやすい。例えば、業種・業態問わず発生する入金消込業務は、手作業で行っている企業が規模を問わず多いという。
「販売管理システム上の請求金額と、銀行に振り込まれた入金額を目視やExcel上で突き合わせるアナログな消込がいまだに横行しています」(花松氏)

 手作業による照合...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。