オフィスのミカタとは

ともに更なる飛躍を。 顧客企業の成長を支え、日本経済を支えていく「ビジョン」【株式会社ビジョン 佐野 健一 氏 インタビュー記事】

2019.01.17
株式会社ビジョン 代表取締役社長 佐野 健一 氏
株式会社ビジョン 代表取締役社長 佐野 健一 氏

 オフィスの情報通信環境の整備は、企業に必要不可欠でありながら、コストと手間が掛かりがちなのが課題です。それらを一手に引き受けるのが、株式会社ビジョン。同社がどのように成長してきたのか、そして、2016年に一部上場を果たし、今後どのような事業展開を考えているのか、代表取締役社長 佐野 健一氏に話を伺った。

顧客ニーズに応じ事業展開

 ビジョンは1995年、静岡県富士宮市で創業した。静岡という場所に縁があったわけではなかったが、起業を考えていた会社員時代、出張中に車窓から見えた富士山の姿に感化され、この地での起業を決めたのだと、佐野氏は語る。

「最初に着手したのが国際電話の取り次ぎサービスです。このサービスは、趣味のサッカーを通じ、海外から日本に働きに来ている方々と知り合って、国際電話の料金が高いこと、日本での仕事の悩みなどを聞いたことがきっかけで始めました。その後、インターネットが普及していく中で、法人向けの情報通信サービスへ事業を展開していきました。背景としては、マーケットの大きさに加え、得意分野だったこともあり、お客様に喜んでいただけるはずという思いがありました。サービス開始から、お客様のご要望を受けて関連サービスを積極的に増やしていき、現在は電話回線手配代行や法人携帯サービス、ビジネスフォン・OA機器販売、インターネット接続サービス、HP制作サービスなど、オフィスに必要不可欠な情報通信関連のサービス提供を、コストを抑え、かつ、お客様の成長ステージに合わせて、弊社で揃えて手配できるようになっています」

スタートアップ企業 ベンチャー企業の成長支援

株式会社ビジョン 代表取締役社長 佐野 健一 氏
株式会社ビジョン 代表取締役社長 佐野 健一 氏

 「弊社のお客様は、スタートアップ企業、ベンチャー企業が中心で、毎月およそ1500社ずつ増えている状態です。この層は、最も成長の可能性がある企業といえます。ただ、弊社も経験してきたのでわかるのですが、この層の企業の多くは、オフィスの整備に高いコストをかけることができません。OA機器などの高額製品の導入が難しいですし、そもそも成長のために、事業にお金をかけることが優先されます。弊社のお客様には、そう...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。