オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

総務部の仕事を整理! 総務部の月ごとの行事と法定等業務一覧

2019.10.31

 仕事を通して社員と交わる機会が多く、社員との一体感が必要とされる業務も多い総務部。間接部門の要であり「縁の下の力持ち」として信頼を集めることが求められる部署だ。また対外的には、会社の信用やイメージに直結する重要な役割を担っていると言えるだろう。

 業務の円滑化や社内外とのトラブル防止のためには、1年を通じて「いつ」「何を」すべきかを理解しておくことが必要だ。そこで今回は、各月の「慣例・行事」と、それに関連した「法定等業務」をまとめた。

1月 ~仕事始めと年始のあいさつの対応~

 初出社日の「仕事始め」には心を新たに、新しい一年の経営活動をスタートさせることになる。年始回りは、仕事始めの日から遅くても1月15日(小正月)までにする必要があるため、スケジュール調整が重要だ。また、1月前半までは、年始の挨拶のために自社を訪問する来客も多いため、総務にはそうした来客対応が求められる。新年らしく、松竹梅の盆栽や生花を受付などに飾ってみるのも良いだろう。

慣例・行事
〇年始回り及び年始の来客対応
〇年賀状の返礼、住所録の整理
〇新年度の賃金台帳の準備
〇新年会の準備・開催・初荷出荷式

関連する法定等業務
〇労働保険料(第3期分)の納付(延納申請をした場合)
〇労働者死傷病報告の提出(休業4日未満の労働災害等、10~12月分)
〇法定調書・合計票の作成・提出
〇給与支払報告書・総括表の作成・提出
〇源泉所得税の納期の特例による納付

2月 ~社内規程の見直しや改廃~

 社内規定は、年1回は見直しを行い、法改正や企業の内部事情の変化に合わせた内容に変更しなければならない。そのため、他社の規定や業界動向など十分なリサーチが必要だ。改訂作業が済んだら、メールや文書通達などで社内への周知を図ろう。

慣例・行事
〇各種業務規程の見直し
〇新年度経費...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。