オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

給与の前払いは『アドペイ』でスマートに 雇用契約書電子化オプションも注目

2021.02.28
オフィスのミカタ編集部【PR】

給与の日払い・週払いは非正規求人の訴求点となるものの、導入をためらう企業は多い。株式会社クレディセゾンの『アドバンストペイ セゾン』は、そうした企業側の不安解消に注力する給与前払いサービスだ。独自の雇用契約書電子化オプションも提供する同サービスの特長を、同社の岩室麻理子氏、北亜矢子氏に伺った。

採用面接が5割増!  日払い処理のデジタル化 にも有効

 ▼岩室 給与前払いサービスは、従業員がすでに働いた分の給与を支給日より早く受け取れるサービスです。飲食業界や人材派遣業界など、日払い・週払いニーズの高い非正規従業員を多く抱える企業を中心に活用されています。一番の導入メリットは、求人応募率や人材定着率の向上など、人手不足の解消につながること。『アドバンストペイ セゾン』(以下、アドペイ)の導入企業でも、採用面接数が1・5倍に上昇したという事例があります。

 ▼北 自社で手作業で行っていた日払い・週払いや前払いの処理を、給与前払いサービスでシステム化したというケースも多いですね。特に、突発的に発生する前払いの要望にその都度手作業で対応していると、事務処理が非常に煩雑で、給与担当者に大きな業務負荷がかかります。また「前払い金額の計算ミス」「前払い分の天引き漏れ」といった人的ミスのリスクも避けられません。給与前払いサービスでは、従業員の勤務実績データを基に、前払い可能額の算出や給与天引きデータの作成をシステムで自動化。正確かつ効率的に前払い制度を運用するためにも、サービスの導入が有効です。最近では物流業界でも普及が進んでいますね。新型コロナウイルス感染症の影響で通販利用の拡大に伴い、配送スタッフを拡充する中で、アナログな事務作業に限界を感じてアドペイの導入を決めたというお客様のお話をよく伺います。

キャッシュフローは不変、 使いすぎ防止機能も完備

 ▼岩室 こうした給与前払いサービスのメリットを認識していながらも、二の足を踏んでしまうという企業は少なくありません。私たちも、前払いに対するさまざまな不安をお客様から相談いただきます。その一つが「いろいろなサービスがありすぎて、何を基準に選べばいいのかが分からない」というもの。サービス選定時にまずチェックいただきたいのは「資金預託型」か「立替型」かという点です。資金預託型は、サービス提供会社に指定された金融機関に口座を開設し、導入企業が一定の資金を預けて、前払いを運用するタイプ。一方、立替型は、サービス提供会社が前払い分を立て替えて対応し、毎月の給与支給日などに導入企業と精算するタイプです。アドペイは後者の立替型のサービス。新規口座を開設したり、見通しを立てづらい前払いのために一定の資金を管理したりする手間を省けるのが特長です。キャッシュフローも圧迫せずに運用できるため、中小規模の企業様にも導入いただきやすくなっています。

 ▼北 もう一つの懸念点として「従業員がお金を使いすぎてしまうのではないか」という声もよく伺いますね。「給与の前払い」に対して「前借り」のようなネガティブなイメージを抱く方は多いと感じます。こうした不安を解消できるよう、アドペイでは前払いサービスの使いすぎを防ぐ上限設定機能を搭載。例えば「実働分の●%まで」「●円/月まで」「利用回数●回まで」「実働分が●円/月を超えてから」など、各導入企業の状況に合わせて利用を制限可能です。
 
 ▼岩室 労働基準法(直接払いの原則、全額払いの原則)との兼ね合いなど、法律面にも細心の注意を払って設計しています。財務局や厚生労働省に直接確認を取りながら開発したアドペイのシステムは、2018年に特許を取得。信用のプロフェッショナルであるクレジットカード会社だからこそ、安心・安全を徹底した給与前払いサービスを提供できていると自負しています。

 

 

月額無料のオプションで 雇用契約業務を電子化!

 ▼岩室 昨年11月には、業界に先駆けて雇用契約書電子化オプション『SAISON Sign』の提供を開始しました。2019年4月の法改正により、労働条件通知書の電磁的方法での交付が解禁されたことを受けて開発したサービスで、アドペイの導入企業であれば月額無料で利用できます。

 ▼北 非正規従業員の雇用契約は、わずか数カ月のサイクルで更新が発生し、雇用主はその都度労働条件通知書を交付しなければなりません。この作業を紙ベースで行う場合、書類作成・印刷・押印・手渡し(郵送)という一連のプロセスに膨大な手間と時間がかかります。これらの業務の無駄を削減できるのが『SAISON Sign』です。具体的には、システム上で雇用契約書を作成し、対象の従業員にメールで一括送信。従業員がスマートフォンなどから内容を確認し、同意すれば、契約が締結されます。労働条件通知書は、契約締結後、即時に自動交付される仕組みです。ペーパレス化による業務効率化はもちろん、保管場所の削減にも効果が期待できます。

 ▼岩室 『SAISON Sign』の最大の強みは、定期的に更新が発生する有期雇用契約を想定した設計になっている点です。例えば、各雇用契約書に「下書き中」「上長承認待ち中」「同意依頼中」「締結済み」といったステータスを付与し、ステータスごとの件数を一目で把握できるダッシュボードを備えており、契約締結の進捗状況を細かく管理できます。また、契約満了日前に更新対象を知らせるアラート機能もあるため、更新漏れの防止も可能です。リリース後の反響は大きく、すでにたくさんのお問い合わせを頂いていますね。

アフターコロナの "揺り戻し"に備え、 今こそ日払いへの対応を

 ▼岩室 サービス提供開始から4年目となり、アドペイの導入企業数は200社を超えました。当サービスに限らず、給与前払いサービスのニーズが拡大する中で、今後、日払い・週払いニーズに対応していかなければ、激化する人材獲得競争に乗り遅れてしまう恐れもあります。現在はコロナ禍の影響で人手不足が緩和されている業種もありますが、収束後に揺り戻しが来る可能性も高いです。非正規従業員を多く抱える企業様は、ぜひ今のうちに給与前払いへの対応を進めてほしいですね。
 
 ▼北 とはいえ、導入への不安は尽きないと思いますので、まずは「給与前払いサービスとは何なのか」といった部分の情報収集からお手伝いさせていただければと思います。各企業様の状況に応じて最適な運用方法をご提案できますので、お気軽にご相談いただければ幸いです 。

<PR>