オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

【Astute Analytica】2022年メンタルヘルスに関する調査を実施し、市場の状況を分析

2022.06.29

従来のケア方法から患者中心の個別ケアへのトレンドのシフトは、メンタルヘルスアプリの採用をサポートしている。 さらに、スマートフォンとインターネットの普及が市場の成長を後押ししている。

調査総括

調査期間 : 2022年1月17日〜5月23日
調査対象 : あらゆる規模の組織のリーダー480人
有効回答数 : (480人)
調査方法 : 電話調査150人、インターネット調査330人

メンタルヘルス市場で最大の患者グループ

メンタルヘルスの市場において、成人は最大の患者グループであり、市場の2/3を占めている。

より多くの患者を抱えている精神疾患

18歳以上のアメリカ人の推定26%(成人の約4人に1人)は、特定の年に診断可能な精神障害に苦しんでいる。また、 多くの人が一度に複数の精神障害に苦しんでいる。 特に、うつ病は薬物乱用や不安障害と同時発生する傾向がある。

メンタルヘルス市場で最も使用されている治療法

調査によると、主要な精神障害については、薬物療法と心理療法の両方を含む治療アプローチが、単独で使用される他の治療法よりも効果的であることが示唆されている。

概要

米国の成人の21%が2020年に精神疾患を経験した(5,290万人)。 これは成人の5人に1人を表す。既存のメンタルヘルスが悪い人は、COVID-19により、精神障害の発生率の上昇や治療、投薬、サポートサービスのライフラインの中断など、いくつかのリスクに直面しており、市場に悪影響を及ぼす。処方薬、在宅治療、外来のメンタルヘルス治療がメンタルヘルス治療の費用の大部分を占めているが、入院患者のメンタルヘルス支出は時間とともに劇的に減少している。さらに、スマートフォンの成長、およびインターネットの普及が市場の成長を後押ししている。

Astute Analytica

グローバルな分析・アドバイザリー会社であり、提供してきた具体的な成果により、短期間で確固たる評価を得てきた。他に類を見ない深く正確な見積もりや予測を作成することに誇りを持っている。

まとめ

デジタル技術の時代、医療専門家や患者がメンタルヘルスアプリを採用する可能性が高まる。 さらに、メンタルヘルスアプリの使用は健康を促進し、特に専門家の間で生産性を高めるのに役立つのではないだろうか。従業員のメンタルヘルスケアは企業の重要な取り組みの一つである。本調査結果を参考にし、改めて自社の体制を整えてみてはいかがだろうか。