オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

スマホネイティブ世代「2024年卒」80%以上がSNSで企業情報を収集

2022.09.26

次世代の採用手法を提供する株式会社リソースクリエイション(本社:東京都文京区、代表取締役:髙田 桂太郎)は、就職活動中の学生584名を対象に、「コロナ禍におけるSNS就活についての実態調査」(以下 本調査)を実施した。また、本調査を元に、2024年卒の就職活動の動向について予想をまとめた。

調査背景

SNSの利用が当たり前になっているスマホネイティブ世代。現在はコロナ禍で、日常生活がオフラインからオンラインへ切り替わり、さらにSNSの需要が高まった。就職活動においても、”SNS就活”という新しいワードができるほど、SNSから企業や採用に関しての情報収集をする学生が増加しており、主に会社の雰囲気や働いている人の情報を集めているようだ。

SNS就活を行う理由として、コロナ禍により、就活生が社員と交流する機会が減少したことや、一度も会社に行くことなく入社に至るなど先輩たちの実態を目の当たりにしていることが背景として考えられる。今回同社は、現在の就職活動においてのSNS利用の実態を掴むべく、学生にアンケート調査を実施した。

就活生が企業選びで一番大事にしているのは

「選考に進む上で、何を最重要視しますか?」という質問に対し、72.4%が「社員の雰囲気」と回答した。就活生のほとんどが、今後一緒に働く”人”を気にしていることが分かる。

就活生が一番社名を検索したSNS

「SNSで社名を検索しましたか?」という質問に対し、80.5%が検索したと回答。内訳はInstagramが64.9%、TikTokが24.8%、Twitterが24.7%となった。就職活動をする際に、情報収集の一貫として、SNSを活用する学生が多数派だということが分かる。

昨年の同データでは74.8%と約5%アップしており、年々就職活動において、SNSの利用が主流になってきているようだ。

企業のSNSアカウントは必要か

「企業のSNSアカウントは必要だと思いますか?」という質問に対し、82.7%が「はい」と回答した。その理由を聞いたところ「会社の雰囲気を感じ取りやすい」「社員の素が見える」など、ポジティブな意見が寄せられた一方で、ネガティブな意見もあった。

調査概要

【調査対象】2023年卒の584名
【調査期間】2022年3月7日〜2022年8月25日
【調査方法】Web上でのアンケート

まとめ

今の就活生は理念や福利厚生で企業を決めるというよりは、一緒に働く人を見て企業を決める傾向がある。就職活動中に、いかに社員や社風を理解してもらう場を提供できるかが鍵となるようだ。