オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

仕事と休暇を組み合わせた新しい働き方「ワーケーション」。メリット・デメリットや導入する際の4つのポイント

2019.12.03

 「ワーケーション」という言葉を聞いたことのある人事担当者はいるだろうか。ワーケーションとは、仕事と休暇を組み合わせた新しい働き方のことだ。大手航空会社が導入されたことをきっかけに、日本でも働き方改革の一環として注目されるようになった。2019年に入ってからは、ワーケーションの拡大に向けた自治体間連合設立の動きも進んでいる。

 ワーケーションにはどういった効果が期待できるのだろうか。今回は、ワーケーションの定義やメリット・デメリット、導入する際の4つのポイントなどを見ていく。

目次

●ワーケーションとは
●ワーケーションのメリット・デメリット
●ワーケーションを導入する際の4つのポイント

ワーケーションとは

 働き方改革の3本柱の1つである「多様な働き方の実現」に向けた企業の取り組みの1つとして、近年注目されている「ワーケーション」。ワーケーションとは、一体どのような働き方なのだろうか。ワーケーションの広まりや、ワーケーションに似た働き方との違いと併せて見ていこう。

ワーケーションの定義

 ワーケーションとは、「Work(仕事)」と「Vacation(休暇)」を組み合わせた造語。「休暇先で仕事をする」「旅をしているのに出勤扱い」といった新しい働き方を意味する。

ワーケーションの広まり

 ワーケーションは元々、有給取得率の向上を目的に、アメリカで2000年頃に誕生した。当時のアメリカの有給取得率は国際的に見ても低い方だったが、ワーケーション導入により、有給取得率が改善したようだ。「働き方の多様化」の流れと共に、ワーケーションは各国に広まっていった。

 日本では、2017年にJALがワーケーションを導入したことをきっかけに、注目を集めるようになった。「大手企業がワーケーションという新しい働き方を取り入れた」というインパクトが大きかったのだろう。2019年に入ってからは、ワーケーションの先進県である和歌山県と長野県が中心となり、「ワーケーション・アライアンス・ジャパン(WAJ)」という自治体間連合設立の動きが進められている。現状では、ワーケーショ...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。