オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

管理部門が年越し前にやっておくべきこと

2019.12.12

 管理部門にとって、年末は何かと慌ただしい。定型業務は勿論、年末年始限定の業務や雑務がいろいろと発生してくる時期だろう。

 年に一度の作業のため、「作業そのものを忘れてしまった」「やり方がなかなか思い出せなかった」などの経験がある担当者もいるかもしれない。またやるべき作業を怠ってしまうと、年末年始に思わぬトラブルが起こる場合もある。

 そこで、今回は管理部門が年越し前にやっておくべきこと8選を紹介する。社内外の対応が必要となる管理部門。本記事を参考に、年越し前の作業について再確認してもらいたい。

年末調整

 12月中に行わなくてはならない法定業務として最も重要なのが年末調整だ。年末調整では、従業員に会社側が支払った1年間の給料・賞与や賃金及び源泉徴収した所得税などを12月の最終支払日に再計算し、所得税等の過不足を精算する作業を行う。

 年末調整は、従業員一人ひとり確認しながら行う作業のため、手間と時間がかかる。間違いが起きないよう、年末調整の手順を再確認し、専用ツールを導入してみるのも良いだろう。

総務担当者必見!押さえておくべき年末調整の手順と、便利ツール

年賀状の発送

 デジタル化が進んだ今でも、ビジネスシーンにおいて年賀状は大事なツールの一つだ。年始に届くように早めの準備が必要になってくる。昨年の発送リストを参考にするとともに、新規の取引先へも発送できるよう管理をしておこう。

 また年賀状はただ送れば良いだけではなく、マナーやルールがあることも忘れてはいけない。ビジネス年賀状に必要なポイントと、便利な年賀状ツールを参考に進めてみてはどうだろうか。

総務部必見!ビジネス年賀状の準備と便利ツールの紹介

賞与支給

 12月に賞与を支給する会社は多いのではないだろうか。賞与を支給する場合には、「査定機関」を設け、そこから賞与計算し、社員に支給する。さらに、賞与を支給した日から5日以内に、社会保険の手続きとして「賞与支払届」を提出しなければいけない。支給した社員それぞれの支払額を記載した「被保険者賞与支払届」と、支払合計人数と支払合計額を記載した「被保険者賞与支払届総括表」を、管轄の年金事務所または事務センター...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。