オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

<ヴィス>オフィス見直しの目的は「社員の満足度向上」が51%で最多

2022.06.14

デザイナーズオフィスを手がけ、「はたらく」をデザインする株式会社ヴィス(本社:大阪市北区、代表取締役社長:中村勇人)は、2022年3月、デザイナーズオフィスを提供した顧客を対象にアンケートを実施した。

アンケート概要

アンケート対象:2021年4月-2021年9月にデザイナーズオフィスが完成した企業の経営者、オフィス環境に関する担当者
実施時期:2021年3月
実施方法:インターネット上のアンケートフォーム
回答数:84名

ヴィスに仕事を任せた理由

オフィスデザイン、オフィス移転、改装など提供内容はさまざまだが、今回ヴィスに仕事を任せた理由を複数回答で尋ねた。「担当者の人柄」が75%、「提案・プレゼン内容」が73%で多く、「デザイン」が55%で続いた。

プロジェクトマネージャーによるコンサルティング満足度

プロジェクトマネージャー(PM)によるコンサルティングは、「とても満足」「満足」の合計が92%となった。提案からプロジェクト進行と、顧客と長く伴走することが多い中で、高い満足度となっている。

オフィスや働き方の見直しをした理由や課題

今回、オフィスや働き方の見直しをした理由は、「社員の満足度向上」が51%、「オフィスの適正化」が47%となった。前回アンケートでもこの2つが上位を占めており、同様の傾向が続いていることがわかった。

デザイナーオフィス導入の効果

オフィス見直し前の課題は解決されたか尋ねたところ、80%の方がオフィス見直し前の課題は解決したと回答している。また、社内の生産性については「とても上がった」「上がった」の回答が68%となった。社内のコミュニケーション量は、「とても増加した」「増加した」の回答が54%となっている。

採用活動への影響

採用が「とてもしやすくなった」「しやすくなった」の回答が32%の一方、変わらない、わからないという声も多く見受けられた。

会社概要

社名:株式会社ヴィス
代表:代表取締役社長 中村 勇人
事業内容:コンサルティング、ワークスタイリング、ブランディング(デザイナーズオフィス)事業
設立:1998年4月13日
事業所:東京オフィス、大阪オフィス(本社)、名古屋オフィス

まとめ

オフィスの見直しをした理由として、51%が「社員の満足度向上」、47%が「オフィスの適性化」を挙げている。コロナ禍で定着したテレワーク、ハイブリッドワークに合わせ、オフィスの存在意義や目的を定義し直す企業が増加。調査結果からは、その中でも特に、実際に働く社員のことを考えた「社員の満足度向上」を目的としたオフィスデザインが重要視されていることがわかった。