オフィスのミカタとは

働き方改革。 「組織」としての理想の姿とは【サイボウズ株式会社 青野 慶久 氏 インタビュー記事】

2019.01.17
サイボウズ株式会社 代表取締役社長 青野 慶久 氏
サイボウズ株式会社 代表取締役社長 青野 慶久 氏

 2016年9月、安倍晋三首相は内閣官房に働き方改革実現推進室を設置した。その目的は「一億総活躍社会」の実現。少子高齢化が進む中でも人口1億人を維持し、誰もが活躍できる社会をつくることを掲げている。

 設置から2年半経つ今、働く環境を変えている会社もあれば、何も変わらない会社もある。また、「働き方改革」という言葉が一人歩きしている現状も否めない。

 大切なのは組織そのものの根幹を変えていくことである。そこで、「サイボウズ」の創業から携わり中小企業経営者の気持ちも持ち合わせる、サイボウズ株式会社 代表取締役社長 青野 慶久氏に、働き方改革をするためには「組織」としてどうあるべきか、話を伺った。

「何をすればいいのか?」はその組織によって違う

 会社を変えるための働き方改革で「何をすればいいの?」と悩んでいる企業経営者は多い。しかし、何をすればいいのかは組織によって違い、100社あれば100通りの課題や解決方法があってしかるべき。にもかかわらず、「他社がやっているからやらなければ」「労働基準監督署に入られては困るからやらなければ」といった対外的なモチベーションで働き方改革を推進したところで、それは一時的なもので長続きせず、結局職場環境は...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。