オフィスのミカタとは

「紙」データの入力革命 “AI-OCR×RPA”で労働時間を大幅削減【コニカミノルタジャパン株式会社 藤塚 洋介 氏 インタビュー記事】

2019.01.17
コニカミノルタジャパン株式会社 マーケティング本部 オフィス事業統括部 MFP事業企画部 企画2グループ 課長 藤塚 洋介 氏
コニカミノルタジャパン株式会社 マーケティング本部 オフィス事業統括部 MFP事業企画部 企画2グループ 課長 藤塚 洋介 氏

 働き方改革のもと、各企業では長時間労働の是正や業務の見直しが図られている。しかし企業の現場ではいまだに紙を使うことが多く、紙文書の管理や入力業務が負担としてのしかかっている。

 そんな中、コニカミノルタジャパンがAIOCRとRPA 技術(ロボットによる業務自動化)を活用した紙文書の業務アウトソーシングサービスを新たに始めた。同社マーケティング本部の藤塚 洋介氏に詳しい話を伺った。

働き方改革を妨げる"紙"にまつわる業務

 働き方改革が叫ばれる今、サテライトオフィスやテレワークなど時間や場所にとらわれない働き方が増えている。外部からのサーバーへのアクセス、ファイル共有やビデオ会議など、さまざまな分野でデジタル化が進んでいることも、柔軟な働き方ができる要因の一つであろう。しかしいくらデジタル化が進んでも、アナログな"紙"を扱う業務が働き方改革を妨げる要因になっているという。大手コピー機メーカーでもあり、紙を扱う業務に長けているコニカミノルタジャパンのマーケティング本部、藤塚 洋介氏はこう話す。

「ペーパーレス化が進んでいる業界や会社もありますが、アナログな紙の業務に多くの時間を割いている会社はたくさんあります。また、世界的に見ても日本はFAXの使用率が高く、それに伴う"紙文書"の入力作業という非効率な業務が発生しています。結局物理的な"紙"が必要とされる業務があると、"オフィス"という固定された環境から離れることができず、テレワークの導入もできませんし、働き方改革も進みません」

業務効率化の新しいサービス ハイブリッド型のデータ入力業務アウトソーシング

 そういった問題を解決するためにコニカミノルタが始めたサービスが「Robotics BPO for Smart Work」だ。これはAI‐OCRとRPA技術(ロボットによる業務自動化)を活用したデータ入力業務アウトソーシングサービスである。例えばFAXでの注文書やアンケート回答用紙などの紙データをクラウド上のフォルダーにアップロードするだけで、画像データから文字情報をAI‐OCRで自動認識し、既存...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。