オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

社内の総務人事に関する問い合わせの対応を自動化 AIチャットボット「hitTO」を選んだ理由

2019.02.01

 今やどの会社にも求められる「業務効率化」。管理部門の業務効率化を進めるためにさまざまなAIやRPAを検討した株式会社ベルパークが、最終的に、多くの導入実績を誇る株式会社ジェナの提供するAIチャットボット「hitTO」に行きついた理由について、その経緯と担当者の本音を聞いた。

豊富な導入実績とIBM Watsonを採用している安心感で、hitTOを採用!

 今回は、AIチャットボットの導入から運用までを推進された牛尾氏と、営業本部 営業推進部 営業企画グループ係長 井村 裕之氏(以下、井村氏)、同グループ 係長 阿久津 孝尚氏(以下、阿久津氏)の3名にお話を伺った。

 AIチャットボットサービスの導入にあたり、「hitTO」を含めて4製品を比較検討したと井村氏は話す。
「月額数万円の安価なサービスも検討しましたが、導入実績がないなど少し信頼性に欠ける点が気になりました。その中で、hitTOはAIエンジンにIBM Watsonを採用していた点、また2017年12月時点で既に多くの実績があった点も導入を決めた大きな理由です。また、ご提案いただく過程で、サービスのデモなども拝見して導入後の運用イメージも沸いたので、導入を決めました。」(井村氏)

管理部門と連携しQAデータを作成 その後にジェナの支援サービスを利用して学習データを構築

営業本部 営業推進部 営業企画グループ 係長 井村 裕之 氏
営業本部 営業推進部 営業企画グループ 係長 井村 裕之 氏

 まず導入にあたり、問い合わせを受ける管理部門向けにAIチャットボットの導入説明会を実施した。井村氏が主導となり、AIチャットボットを活用して、最も効果がありそうな業務分野は何か、適用業務について話し合い、採用・総務・人事などの各グループの責任者と連携を取りながら、AIチャットボットの導入プロジェクトはスタートした。

 導入部署が決まった後は、AIに投入する元データ1...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。